鹿児島銀行とエコナの花王と山陽電鉄の株価について

鹿児島銀行の株価は長く上昇が続いていますが、時折急落する場面も見られます。すでに鹿児島銀行はプレミアムのつく割高圏内にあると見られています。つまり下げに転じるのも時間の問題と見られているわけです。ただし鹿児島銀行株はPBRが1倍割れしていることから、その下げも限定的と考えられています。キャッシュフローが悪化するようなことが無い限りは安値で買い支えがあるとも考えられますし、その時の相場全体の動きによればさらなる上昇も期待できます。一方でエコナが主力商品の花王は、そのエコナの販売自粛発表により株価は下落に転じています。ただしその長期的な動きは上昇基調が続いていて、常に割高と評価されつつも買い意欲は多いものです。これはエコナのような商品開発を行う花王に対する期待が込められているとも見てとれます。エコナ販売が再開された際にはさらなる上昇を期待できることから、この下げは一時的なものと判断されています。そして山陽電鉄の株価の動きですが、こちらは出来高が少ないこともあり時に大きな上下動を見せています。もともと注文数が少ないために、大口の注意が入ると大きく値を動かすのが特徴となります。長いスパンで見てみると山陽電鉄は上昇基調にあります。これは安定した乗客数を確保していることと、ライバルとなる鉄道会社が周辺に無いことが理由となります。逆にそれがこれからの成長という面ではマイナスと捉える向きもありますが、当面は現状維持と見なされます。ただし山陽電鉄という銘柄は短期売買は非常に難しいので、その点には注意が必要となります。基本的には上昇基調とみて、一時的な下げは押しとも見られているので買いが入ると考えられます。